『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキー

5 from 3 votes
レシピと動画をみる

卵なし、バターなし、サクサク美味しい「かぼちゃクッキー」を紹介します。蒸しかぼちゃがあれば、10分で準備完了!材料を混ぜて焼くだけ、とっても簡単なので、ぜひ一緒に作ってみましょう!

『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキー

かぼちゃを使った簡単おやつです。サクサクで一度食べると手が止まりません!

卵バターを使わないので、卵アレルギーの方、バターが苦手な方、ヴィーガンの方におすすめ。また、小さなお子さんに野菜のおやつを、というママにもおすすめです。

ボウル一つで簡単に作れるので、ぜひ作り方を覚えていってください!

    こんな方にオススメ!
  • かぼちゃが好き
  • かぼちゃを使った簡単おやつのレシピが知りたい
  • 卵・バターなしのかぼちゃのクッキーを作りたい

では、材料や作り方を詳しく解説していきます。最後までぜひご覧ください。レシピだけ確認したい方は、後半のレシピカードへどうぞ。

このレシピの特徴

  • かぼちゃを使った簡単おやつ
  • 卵、バターは使わない
  • ヴィーガンレシピ
  • ワンボウル、簡単レシピ
  • 焼き時間は20分

📋 必要な材料

使う材料はこちら!(詳しい分量は、下のレシピカードに記載しています)

『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキーの材料
  • かぼちゃ >> 蒸してから使います。茹でたり、レンジで加熱したものでも大丈夫です。このレシピでは、ホクホクした水分の少ないかぼちゃを使用しています。
  • 薄力粉 >> いつも国産(北海道産)の薄力粉を使います。
  • アーモンドパウダー >> 皮なしのものを使います(ちなみに、アーモンドプードルも同じもの。フランス語か英語かの違いです)。
  •  >> お菓子にもいつも太白ごま油を使っています。このごま油はごまを生のまま絞っているので、一般的なごま油(焙煎してから絞る)のような香ばしい香りはありません。無色透明でクセがないのでおかし作りに向いています。普段の料理にも使っています。
  • 砂糖 >> てん菜糖を使います。白砂糖よりもGI値が低いので、家で使う砂糖はてん菜糖またはきび砂糖を使用しています。
  •  >> 海水塩を使います。海水塩は食塩に比べミネラルが多く含まれ、まろやかな塩味です。レシピではひとつまみだけ使うので、ご自宅にある塩をお使いください。もし、自然な塩を使ってみたいとお考えなら、ぜひ海水塩を選択してみてください。
  • パンプキンシード >> トッピングに使うので、省いてもかまいません。
  • バニラエクストラクト >> 香りづけに加えます。バニラエッセンスでも代用できます。バニラエッセンスは人工香料が使われることが多いので、より自然なバニラエクストラクトを好んで使っています。

かぼちゃの見分け方・切り方もご覧ください!かぼちゃマフィン

🔪作り方の詳しい解説

では、詳しい工程をみていきましょう。まずは、オーブンを160度に予熱してください。レシピ動画も参考にご覧ください!

『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキーの作り方ステップ
  1. かぼちゃを蒸す: 鍋に蒸し器と水を入れ、適当な大きさに切ったかぼちゃを入れ、フタをしてやわらかくなるまで10分ほど蒸します。クッキーに使うかぼちゃは1−2ピースなので、他の料理用にまとめていつも蒸しておいています。
  2. かぼちゃをマッシュ: かぼちゃの皮をむき、ボウルに入れ、マッシュしてペースト状にします。
  3. 液体類を加える: 砂糖、油、バニラエクストラクト、塩を加え、ダマが無くなるまで混ぜます。
  4. 粉類を加える: 薄力粉とアーモンドパウダーを加え、スパチュラで混ぜて、最後は手で生地をまとめます。
  5. 成形する: 生地をめんぼうで伸ばし、クッキー型でくりぬきます。型はなんでもOK。このレシピでは、3.5cmと6cmの丸い型を使用しています。
  6. 焼く: パンプキンシードをトッピングして、160度で予熱したオーブンで20分焼いたら完成です。
『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキー

出来ました!パンプキンシードがちょこんとのって、見た目がとってもキュート!冷めたら、美味しいサクサククッキーをお楽しみください!

ケーキクーラーにのせ、完全に冷めてから保存容器に入れましょう。常温で1週間ほど保存可能です。

まとめ

かぼちゃのタネがのっている、ヴィーガンのかぼちゃクッキー

卵もバターも使わない、かぼちゃのクッキーをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

作り方は簡単なのに、ついつい食べすぎてしまう美味しさです。ぜひお試しを〜!お子さんと一緒に手作りするのもいいですね!

質問、感想などありましたら、お気軽にコメントください!

最後まで読んでいただきありがとうございます♡ このレシピを作ってみた方、気に入ったという方、下の”コメントを残す”より、スター★でレビューをお願いします!

Chef JA Cooks(シェフジェイクックス)はヴィーガン・ベジタリアンレシピを中心に、シンプルでヘルシーな家庭料理がテーマのフードブログです。和食から洋食まで、調理プロセスの詳しい解説を含めたレシピを発信しています。こんなレシピが知りたい、この素材ってどう使うの?など、ご質問があればお気軽に下のコメント欄より送信ください。

おすすめおやつレシピ

『卵もバターも使わない』かぼちゃのクッキー

『卵・バターなし』かぼちゃのクッキー (ヴィーガン)

5 from 3 votes
Print Pin Save
Prep: 10 minutes
Cook: 20 minutes
Total: 30 minutes
Servings: 40
Author: Juri Austin
卵なし、バターなし、サクサク美味しい「かぼちゃクッキー」を紹介します。蒸しかぼちゃがあれば、10分で準備完了!材料を混ぜて焼くだけ、とっても簡単なので、ぜひ一緒に作ってみましょう!

Ingredients

  • 蒸したかぼちゃ 30g, 皮を除く
  • パンプキンシード 適量

A液体類

  • 砂糖 40g
  • 油 50g
  • 塩 ひとつかみ
  • バニラエクストラクト 少々

B粉類

  • 薄力粉 100g
  • アーモンドパウダー 100g

Instructions

  • オーブンを予熱:160度に予熱する。
  • かぼちゃを蒸す:かぼちゃを適当な大きさに切り、やわらかくなるまで10分ほど蒸す。
  • かぼちゃをマッシュ:かぼちゃの皮をむき、ボウルに入れ、マッシュしてペースト状にする。
  • 液体類を加える:Aを加えて混ぜる。
  • 粉類を加える:Bを加えて混ぜ、生地をまとめる。
  • 成形する:生地を伸ばし、クッキー型でくりぬき、かぼちゃのタネをのせる。
  • 焼く:160度で予熱したオーブンで20分焼く。

Video

Notes

  • 道具:クッキー型は、3.5cm(ドーナツ型)と6cm(丸い抜き型)を使っています。
  • 代替材料:バニラエクストラクトはバニラエッセンスで代用したり、または省いても大丈夫です。油は太白ごま油を使用していますが、他の匂いが強くない油でも構いません(オリーブオイルはおすすめしません)。
  • かぼちゃは茹でたり、レンジで加熱しても大丈夫です。
  • シリコンマットを敷いて焼くと、火の通りが均一になり、サクサクのクッキーが出来上がります。

Nutrition

Serving: 1 | Calories: 39kcal | Carbohydrates: 3.4g | Fat: 1.7g | Sodium: 9.8mg | Sugar: 1.4g
Course: デザート
Cuisine: 洋食
Keyword: ヴィーガン, かぼちゃクッキー
Did You Make this recipe?Please Leave a star rating!

Similar Posts

5 from 3 votes (3 ratings without comment)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating