さっぱり美味しい!夏野菜の味噌汁

暑い夏にぴったり!トマトの酸味が美味しい、さっぱりした夏野菜の味噌汁です。いろどりの良い野菜で具だくさんにしました。暑い時こそ味噌汁で元気に!

お椀に入った具沢山な夏野菜の味噌汁

いつも豆腐とわかめの味噌汁が定番という方、今が旬の夏野菜の味噌汁にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

おすすめは、ズッキーニ、ナス、トマトの組み合わせ。カラフルで見るだけで食欲がわいてきます。

トマトを入れることで少し酸味が加わり、フレッシュな味わいで、暑くてだるい夏にはちょうど良いです。

    こんな方にオススメ!
  • 夏野菜を使った味噌汁レシピが知りたい
  • 野菜たっぷりの味噌汁を作りたい
  • 暑い時にあう味噌汁は何?

では、材料や作り方を詳しく解説しますので、最後までぜひご覧ください。レシピだけ確認したい方は、後半のレシピカードへどうぞ。

このレシピの特徴

  • 夏野菜たっぷりの味噌汁
  • だしは”だしパック”を使用
  • ヴィーガンに変更可能

📋 必要な材料

使う材料はこちら!(詳しい分量は、下のレシピカードに記載しています)

具沢山な夏野菜の味噌汁の材料
  • 夏野菜 >>ズッキーニ、ナス、トマト。
  • だしパウダー >> だしパックの中身を取り出して使います。
  • みそ >> 米味噌を使います。

レシピの作り方を解説する前に、美味しい味噌汁作りには欠かせない、基本材料の味噌とだしについて少し触れさせてください。

味噌の選び方

みそ

味噌の材料は米 (または麦、豆)、大豆、塩を使い、6ヶ月から2年かけて熟成して作られます。スーパーでよく見かける安価の物は、短期間で出荷されるため、原材料にはほとんどの場合、うまみ調味料が添加されています。

味噌は味噌汁や炒め物などの味付けとして、使用頻度が高い調味料なので、できれば、余分な添加物が入っていない、米・大豆・塩だけで作られた、自然な風味の味噌を使うのをおすすめします。

また、だし入り味噌は便利ですが、こちらも同じく旨味を後から追加している商品が多いので、おすすめしません。

だしパウダーについて

天然だしパック

このレシピでは、だしパックの中身のパウダーを使って味噌汁を作ります。

味噌汁には、お手軽な顆粒だしが使われることが多いと思いますが、原材料を見ると食塩、砂糖、うまみ調味料が含まれ、天然だしと比べると、塩分が多く、だし本来の旨味はありません。

小さなお子さんがいるご家庭では、顆粒だしの味に慣れてしまうと、薄味を好まなくなってしまう可能性がある、というのも気になって、我が家ではだしパックを使っています。

この中身はにぼしや昆布や干し椎茸など、だしの素材をパウダーにしたものが入っています。毎回だしパック1個を使ってしまうのはもったいないので、袋を破って中身のパウダーを取り出して使っています。顆粒だしのようにスープに溶けませんが、代わりに天然の旨味が味わえます。

天然だし

忙しい毎日の中、なかなかだしを一から取るということはできないと思いますが、時間ができたときには、ぜひだしを取ってみてはいかがでしょうか?一から取っただしはやっぱり美味しいです!贅沢な香りと風味を味わえます。

天然だしのレシピ

好みがあると思いますが、個人的には味噌汁には煮干しだしが好きです。我が家では天然だしをとる場合も、だしパックを使う場合も、煮干しを使います。パンチのある旨味が味噌汁を美味しくします。

🔪作り方の詳しい解説

では、作り方を詳しく解説していきます。こちらのレシピ動画も参考にご覧ください。

具沢山な夏野菜の味噌汁の作り方ステップ
  1. 野菜を切る >> 乱切りします。サイズは一口大よりも大きめです。切り方もサイズもお好みで。
  2. 沸騰させる >> 切った野菜、だし、水を鍋に入れて、中火にかけ、沸騰させます。
  3. 弱火で煮る >> 沸騰したら、弱火にし、3分−5分ほど、野菜が柔らかくなるまで煮ていきます。
  4. みそを溶かす >> 火を止めて、みそを入れて溶かしたら完成です。
お椀に入った具沢山な夏野菜の味噌汁

野菜がゴロゴロ、スープより野菜が多めです。

トマトの形が崩れますが、スープにトマトの酸味が加わり、さっぱりして美味しい。夏にはいいですね!ぜひお試しを!

保存は冷蔵庫で、3日以内に食べ切ってください。

バリエーション

夏はいろどり良い野菜が豊富です。ぜひ、他の野菜に変えたり、また定番具材を加えたりして、毎日の味噌汁にヴァリエーションをつけてみましょう。(さっぱり味にしたい場合は、トマトは必ず入れてください)

  • とうもろこし
  • インゲン
  • オクラ
  • かぼちゃ
  • ミョウガ
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • わかめ
  • そうめん

夏の麺と言えば、ツルッと美味しいそうめん!味噌汁に入れてみてはいかが?

まとめ

お椀に入った具沢山な夏野菜の味噌汁

ズッキーニ、ナス、トマト、美味しい野菜たちをたっぷり味わえる味噌汁になっています。酸っぱい味噌汁は苦手な方もいるかもしれませんが、意外にも我が家の子供たちには好評です。ぜひメニューに加えていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます♡ このレシピを作ってみた方、気に入ったという方、下のコメント欄より、スター★でレビューをお願いします!

Chef JA Cooks(シェフジェイクックス)はヴィーガン・ベジタリアンレシピを中心に、シンプルでヘルシーな家庭料理がテーマのフードブログです。和食から洋食まで、調理プロセスの詳しい解説を含めたレシピを発信しています。こんなレシピが知りたい、この素材ってどう使うの?など、ご質問があればお気軽に下のコメント欄より送信ください。

おすすめ味噌汁レシピ

Japanese summer vegetable miso soup in a bowl

さっぱり美味しい!夏野菜の味噌汁

5 from 3 votes
Print Pin Save
Prep: 5 minutes
Cook: 5 minutes
Total: 10 minutes
Servings: 4 人分
Author: Juri Austin
暑い夏にぴったり!トマトの酸味が美味しい、さっぱりした夏野菜の味噌汁です。いろどりの良い野菜で具だくさんにしました。暑い時こそ味噌汁で元気に!

Ingredients

  • ズッキーニ 1本
  • ナス 1本
  • トマト 1個
  • だしパウダー 小さじ1(だしパックの中身)
  • みそ 大さじ2
  • 水 700ml

Instructions

  • 具材の準備:ズッキーニ、ナス、トマトを乱切りにする。
  • 沸騰する:鍋に切った野菜、だしパウダー、水を入れ、沸騰させる。
  • 煮る:沸騰したら、火を弱めて3分から5分、野菜が柔らかくなるまで煮る。
  • みそを加える:火を止め、みそを溶かし入れる。

Video

Notes

  • 道具:16cm片手鍋、味噌マドラー
  • 代替材料:だしパウダーがなければは顆粒だしで代用いただけます。
  • 少し控えめの味付けなので、物足りなければ味噌を追加して味の調整をしてください

Nutrition

Serving: 1人分 | Calories: 48kcal | Carbohydrates: 8.2g | Protein: 3.5g | Fat: 0.9g | Sodium: 319.7mg | Sugar: 2.6g
Course: スープ
Cuisine: 和食
Keyword: 味噌汁
Did You Make this recipe?Please Leave a star rating!

Similar Posts

5 from 3 votes (3 ratings without comment)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating